オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

セッターは要です

 バレーボール全日本男子が意地を見せた(6/7)。オーストラリアにストレート勝ち。オリンピックに向け、首の皮一枚が繋がっている状況だ。大変厳しいことに変わりはない。何と言っても、中国に負けた事が致命的。優勝はセルビアで決まりとすると、アジア一番が必要条件。そうなると中国に負ける訳にはいかなかった。サーブも修正し、レシーブも良く上げていたので勝てない試合ではなかった。決め手に欠いた、ということになるが、この表現は不明確だ。女子チームでいう「木村がもう少し決めていれば」と同じ。あまり言っている事に意味がない。要するに総合力で及ばなかったということ。だれかの責任にはしづらい。福澤の当たりが今ひとつだったのは事実。

 ここで、セッターの宇佐見が欠場を余儀なくされたことをあげる人もいるようだ。練習中に中国選手が打ったスパイクが顔に当たり、目を負傷したとのこと。柳本前監督が「あれはわざとだ」というような趣旨の発言をされたらしいが、さすがにそれはないのではないか。ありえないトラブルだからこそ、わざとだ、といいたいのであろうが、私は逆に何かの事情で突発的に発生したものと思いたい。YouTubeにバレーボールのスパイク練習の映像があったので紹介しておきたい。↓

http://www.youtube.com/watch?v=O9YCCimvzdQ&feature=related

 これを見てもらえば分かるように、両チームがネットを隔てて整然とスパイクを打っている。普通、スパイク練習にはブロックはつかない(調整だから)。だから大概はストレートに打つ。クロスに打つ場合もあるが、並んでいる相手側のスパイカーに当たるといけないので、そんなに角度はもたせないものだ。ましてや、インナーに打つバカは絶対にいない。クロスに打つだけでマナー違反であり、下手をするとお互いの報復合戦になり、練習が成り立たなくなる。スパイカーがよく怪我をする原因の一つが、打ったあとの着地で、ボールを踏むこと(ボールの上に着地したとき)。足を間違いなく捻挫するので、スパイカーのそばにボールを転がすのは絶対だめで、バレーボールをやる人達がもっとも注意を払うことである。こう考えると、あのトラブルは故意でやった場合は、とんでもない事件であり、常軌を逸した行為と見なされる。もはやスポーツではない。それ以前の問題であり、相手は原始人と同じである。ネットを挟んで、一定のルールのもとでゲームなんかする必要も価値もないということになる。やはり、故意であるとは考えにくい。そこまでやらんでしょう。余計なことだが、もし故意に相手選手をねらうのであれば、相応のリスクを覚悟して、最大効果のある清水か福澤を狙うね。中国側の謝罪と釈明があれば、変な噂も納まるんだけどね。

 しかし、宇佐見が欠場したため、コンビネーションがうまく取れなかった可能性はある。やっぱり、いつもあげてくれているセッターのボールの方が打ちやすいからね。宇佐見が超一流のセッターであることは間違いないし、全日本の攻撃の大前提だからね。スローモーションが流れた時に、彼のトスをよーく見てもらいたい。ボールが殆ど回転していない。竹下さんもうまいが、宇佐見はそれの上をいく上手さだ。相手のブロックを外すのも上手い。ブロックを外すのって、セッターの役割なんだよ。ノーブロックなった時のスパイクを拾う事はまず不可能。100%決まります。バレーボールは如何に相手のブロックを外すかが勝負の分かれ目になる。よく、知ったかぶりのO倉(とくだね)が「自分たちの試合をすれば勝てますよ」というが、それが出来れば皆勝てる。「自分たちの試合」の具体形の一つが、相手のブロックをすり抜けてスパイクを打つ事であり、そのためのサインプレーになる。当たり前だが、サーブレシーブがしっかりとセッターに返らないと、サインプレーは成立しない。乱れたサーブレシーブの結果、殆どのトスは、エースのいる方向にあがる。トスのあがる方向がわかっていれば、間違いなくブロックがつき、オリンピッククラスのチームが相手であれば、ほぼ100%ブロックされる。こればかりは誰が打ってもダメ。というわけで、バレーボールにおいてセッターが繰り出す戦術は目に見えづらいが極めて重要である。セッターはいつも相手チームの陣形に目を配り、どのスパイカーがマークされているかを見ながら攻撃の種類、打撃場所を考えてコートを走り回っている。TVではなかなか分からないが、彼らの動き・戦略を想像しながら、ゲームを見るのも、またバレーボールのおもしろさの一つだ。

広告を非表示にする