オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

消費税増税の前にトイレを有料に

 これ、ベルリンのSバーンUバーンの切符です(左側2枚)。1枚2.3ユーロ。日本で200円位か。これ1枚で、ベルリン市の殆どを廻れます。それも半日乗り放題。

f:id:azuyuz:20120623145813j:plain

  何と驚いたことに、ベルリン市内では、どの駅にも駅員はいません。改札自体がない!このチケットを自動販売機で購入して、プラットフォームにある刻印機でタイムスタンプを押すだけ。検札もありません。乗り降り/乗り換え、全く自由。

 東京圏の端から端まで行けるフリー切符のイメージです。

 おやっ、と思ったのは、電車に自転車を持ち込んで乗車する人が結構いる事。こちらでは、当たり前のことらしく、だれも着目していませんが。

 改札/検札がないので、誰もチケットなんて買わないんじゃないか、と思いましたが、そうでもなく皆さん、券売機に並んでました。

 因に、券売機は多国籍対応(あちこちの国旗のアイコンがある)でクレジットカードも普通に使えます(!)。

 ただし、日曜日はカードは使えないらしい(現地で知らないおっさんが教えてくれました)。駅員なんて、セントラルステーション以外、どこにもいない感じ。よくこれで、日々無事運行できるもんだと驚きました。日本で、駅員/改札がない駅なんて、首都圏で考えられますか?

 日本の政令指定都市には、ほぼ地下鉄が走っているイメージですが、どうやらその大半は営業赤字だとか。あんな高い料金で混みまくってるのに何で赤字なんですかね?日本の地下鉄も、ベルリンみたいに思い切った合理化をできないものでしょうか。

 ベルリンも無人化の為に、相当の設備投資をやっていると思いますが、一方で大胆な人員縮小をやっているので、運賃未払いがたとえあっても、収益的には良い線いってるのかな、と思いました。

 これって、2国間で合理性に対する考え方の違いが出てると思いませんか?

 私は、ベルリン市民は自立してるな〜と感じました。行政から放ったらかしにされているのに、社会システムは上手く廻っているように見えるんですよ。

 日本は、何から何まで行政がやり過ぎなのかもしれません。

 写真の一番右は、公衆トイレの利用券です。ベルリンはどこに行っても、公衆トイレはほぼ有料です。1回1ユーロが相場です。

 駅には職員がいないのに、トイレには必ずおばさん(何者?)が監視員として座っています。

f:id:azuyuz:20120409181719j:plain

  ↑

これ、トイレです

 

 またトイレ入り口は、完全自動ドア(お金を入れたらゲートオープンする)。この人件費、または設備代はムダと考えないんですかね?ともかく、ベルリンでは日常的に小銭が絶対必要です。

 写真を見てもらえば分かりますが、トイレは有料のせいか、めっちゃ奇麗です!びっくりするくらい。清掃員が山ほど常駐していて、常に施設全体をきれ〜いにしています(TDLみたいに)。この人件費たるや一体いくらかけてるの、と思ってしまいます。

 例えば、横浜駅とそのトイレ(以前は、ベルリン同様、チップ制のトイレでしたが絶滅しました)とベルリンのそれを比べたら、驚くほどの違いがありますよね。行政サービスとその対価コストを考えてみた場合、ベルリンには行政がやるべきことの方針に、明確なポリシーがあるように感じます。環境には口を出すが、電車くらい自分で乗れ!ってやつです。市民にも特段インフラに不満はなさそうでしたよ。

 

 つまり、行政コストなんて、考え方一つで如何様にも削れるし、またいくらでも税金を使って(無駄な)サービス提供が出来るんだということが、よく分かりました。

 今ある仕組み、行政サービス、社会システムをそのまんまにしておいて、いくら必要、いくら足りないなんて財政の議論をするのも、アホみたいに感じます。

 「徹底的な歳出の削減」、なんて大上段に構えなくても、合理化できる部分なんて、いくらでもあるんですよ。既成概念に捕われずに、「そもそも、これって何であるんだっけ?」という議論から始めても良いと思う。別に歳出削減について難しい注文を政府にした覚えはない。やることをやってから増税の話をしろよ。順序が違うじゃないか。

 

・・・

 

 

 駅トイレに奇麗なおネエさんが立っていて、「おはようございます!いってらっしゃい!」とゆる〜く言ってくれるのなら、有料でも私は使う。それも毎日。おネエさんは出来れば複数人いて、ローテーションがいい。出来れば、年に1回は総選挙をして神7を決めたい。そこは、ビジネパーソンにとって都会のオアシス。妄想はますます膨らむ・・・

 

 

 聞いてるか?NODA!