オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

善意で満ちた国

 本屋の駐車場に車を止めて、ポケットに手を突っ込んで気が付いた。

 「家の鍵がない!」

 確かに家を出る時には、ポケットに突っ込んだので、何処かに落としたのに違いなかった。ここに来るまでに、立ち寄ったのは図書館だけ。

 あそこの駐車場に違いない。

 すぐさま図書館に電話をしてみた。

 

ゆず「すみません。つかぬ事を伺いますが、そちらに鍵の落とし物は届いていないでしょうか?」

図書館のおばちゃん「少し、そのままでお待ち下さいね。・・・。一つ届いていますよ」

ゆず「私が落としたものではないか、と思うのですが」

おばちゃん「何か鍵の特徴は言えますか?」

ゆず「ディズニーシーのキーボールダーが付けてあります。長細いものです」

おばちゃん「イルカの顔が付いているものですか?」

ゆず「いや、ミッキーマウスでしょ?!」

おばちゃん「ああ、このキラキラしたやつですね。」

ゆず「(恥ずかし!)助かりました。今から取りに行っていいですか?」

おばちゃん「ええ、どうぞ。お待ちしています」

 おかしいな?イルカなんぞ知らんぞ。何の事だろうか・・・・

 ともかく、急いで私は図書館に車を走らせた。図書館の受付で預かってくれているらしいのだ。

 図書館に着くと受付にまっしぐら。

ゆず「先ほど電話したものです。鍵を落としました」

おばちゃん「ああ、先ほどの方ですね。これでしょうか?」

 

f:id:azuyuz:20130406134534j:plain

 

ゆず「確かにこれです。いや、助かりました。ありがとうございます」

おばちゃん「駐車場の入口に落ちていたのを、女の子が届けてくれました」

ゆず「そうですか。本当にありがとうございます。何か手続きは必要でしょうか」

おばちゃん「いいえ、そのままお持ち下さい」

 本当に”イルカ”だった。この間、八景島に行った時に買ったものだった。忘れていた・・・。

 そう言えば、どこにも”ディズニーシー”とは書いていない。ファンタスミック、と書いてあるだけだ。それに、ミッキーもよく見ないとそうとは分からない。

 「確かにこれは”イルカ”だな・・・」

 

 大切なものには、何か目印になるようなものを付けておいた方がいい。私はキーホルダーが好きなので、持ち物には何かしらのものを必ず付けている。今回はそれが目印になり役に立った。

 しかし、”イルカ”には少し恥ずかしい思いをした。

 

 どなたかの善意によって助かった。

 つくづく日本という国はミラクルだ。

 私は慌て者で、時々落とし物、忘れ物をするが、これまでその殆どは手元に戻っている。最近、記憶にあるだけでもSUICA定期券を2度拾ってもらったことがある。2回とも手元に戻った。

 届けてくれた女の子(美しいレディ/マダムかもしれない)に感謝します。

 

 私も何か意識して善意の行動をとらねばならない。誰かから善意を頂いたのであれば、私も誰かに受け取ってもらわなくてはならない。

 世の中は、善意に満ちあふれている。全てではないが。

 この善意のエントロピーは減少させてはいけない。

 少なくとも総量は保存するか、あるいは出来る限り増やして行かねばならない。

 それが人の生きる道だ。

 

 ・・・しかし、押しつけではなく、善意を生み出す事は、意外と難しい。

広告を非表示にする