読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

仕事に追われたい?

 歩きスマホは危険だ。

 そんなことをやっていて他人と衝突せずに無事過ごしていられるのは、今の日本が平和で、皆急いでいなくて、ゆとりたっぷりに生きているからではない。当の本人は気付いていないが、歩きスマホをやっていない方の他人が、親切に避けてくれているだけだ。

 世の中、何とはなしに無事故でいられる訳ではない。

 迷惑この上ないだけでなく、何の罪も無い他人に大層迷惑をかけ、衝突の危険に晒している。即刻、バカな行為は止めてもらいたい。

 と、言うようなことがブログやツイッターに載ると「仕事のためやむを得なく見ているのだ。好きでやっている訳ではない」とホントかウソか知らないが、超多忙のビジネスパーソンが早速レスを返している。

 それが、本当であれば、凄まじく多忙なビジネスパーソンだ。たった、数十秒、ほんの数分の保留も許されない、立ち止まる事も許されないような重要要件で、朝一でメールが入るというのだから。

 しかし、・・・嘘くさい。

 そもそも、重要かつ緊急案件をメールで送るようなビジネスシーンはあり得ない。

 誰もが経験があると思うが、パケットは何かの拍子に、中途の中継サーバやルータで停滞することがあるし、インシデントの際は、最悪ロストすることがある。朝、送ったメールが昼に着信する事はあり得ることだ。

 これは、ITを知っているものにとっては常識だ。

 人生や仕事の最重要課題の連絡にメールを使うバカは、「い・な・い」。

 そういうことは、絶対に「電話」だ。

 忙しい自分だから、歩きスマホも構わない、とは、つくづく見上げたビジネスマン根性だ。尊敬する。

 私はそんなこと、やったこともないが、それは私が「ヒマ」で「価値」の低い人間であるからだろう、と言われるかも知れない。

 それに反論はしない。

 

 何でそんなに、どこでも、そこでも仕事をしたいのだろうか・・・。

 そんなに、四六時中、仕事をしていたいか?

 電車の中、駅での待ち時間、レストランで食事が運ばれるまで、彼女とカフェテラスで向き合っている時まで・・・。

 電車の中で、ノートPC、タブレットを膝に乗せ、何やらシコシコと打っている人をたまに見かける。

 ご苦労様・・・。

 でも、あなたの、その会社の書類、中身が他人から丸見えですよ・・・。

 そうですか、企画書ですか。でも、そんなもの人に見えるところで作っていいんですか?

 業務情報の守秘義務って、あなたの会社には無いのですか?

 コンペチタが同じ車両にたまたま乗り合わせるって考えた事、無いのですか?

 あなたの、その仕事に打ち込む魂、素晴らしいけど、最低です。どこでも、あたり構わず仕事を持ち込むその根性。

 ・・・

 

 リニア新幹線が完成すると、品川〜大阪間は1時間7分程度で移動できるらしい。

 皆、喜んでもらいたい。今よりもさらに仕事に打ち込むことができる。

 大阪出張は、午前中だけで消化可能だ。昼からは、東京でバリバリと働き、いつもと同じように死ぬほど残業できる。いつもと何も変わらぬ普通の一日が手にはいる。

 「大阪出張」という言葉は ”死語” になる。

 「ちょっと、横浜まで行ってきます」と同義になる。

 歩きスマホが大好きな人達の願望が叶えられる。仕事の密度は、さらに高められる。

 労働生産性と仕事の付加価値までが高まるのかどうかは知らないが。

 

 だいたい、ビジネスシーンにおいて、移動中に万難を排してまで業務連絡を受ける必要性、重要性、道義的義務、責任があるのは、会社の役員、エグゼクティブだけだと思う。

 譲歩しても、敏腕営業まで。

 敏腕営業は、傍目で見ていれば分かる。

 本当にご苦労だな、と思っていつも見ている。

 しかし、他の大半のスマホ族は、そんな重要な事柄に巻き込まれているようには見えない。

 だったら、罪の無い私達に危険を及ぼすようなマネは止めてくれ。

 さっきから言ってるように、それは、

 「あ・ぶ・な・い」

 何やっても勝手であるが、危険な事は止めてくれ。「安全」に優先するものなど無い。

 十分に迷惑だ。

 私には、スマホも、リニア新幹線も必要ない。

 「のぞみ」と「FOMA」で十分だ。

 これ以上の時間、仕事をしたいとは思わないし、仕事に追いかけてもらいたい、とは思わない。

 皆、そんなに「仕事に追われたい」のか?

 ”ドM” だな・・・

 

 

 追伸:

 歩きながらスマホを触っている人は、仕事以外であればゲームをやっているのか?

 それも、十分、異常だぞ・・・

 ゲームは、ソファに座ってポテチを喰いながらやるもんだ・・・