読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

「社会悪」は別のところにある

 最近、ニュース番組に毎日のように東京都知事が出ている。

 何やら、いかがわしい人から目的が曖昧な借金をしたとのこと。

 先日は、わざわざ紙で作った偽造の5000万円の札束が、知事の持ち物の鞄に「入る/入らない」「蓋が閉まる/閉まらない」などという応酬をTVが流していた。

 余りにしつこく、毎日TVで討論の模様を放映しているので、都議会議員の質問内容も、一度傾聴してみたのであるが、正直「・・・」という感想であった。

 「一体それが、何なの?」

 議員達は、都知事の首を取ったかのような態度で質問攻めにしているが、質疑の内容は全くもってPoorだった。

 一体何の真実を明らかにしようとしているの?この人達・・・

 ひょっとして、東京都議会は「暇」なのか?

 毎日のように、都知事を質問攻めにし、回答が「矛盾している」「曖昧だ」「前回と内容が異なる」「到底納得できない」等、サンドバッグのように殴りまくっているように見えるのであるが、一体全体、どのような不正の根拠を想定しているのかが全く見えてこなかった。

 この人達、何を根拠に知事に辞任を求めるつもりなのであろうか?このような議論に意味があるのだろうか?

 いや、「道義的責任」みたいなもののことを言っているのは分かる。

 行政に携わるものが、利権が関わるケースにおいて、利益供与の類いがあってはならない(収賄だ)。

 しかし、詳しくはアホらしくて見ていないのであるが、現段階で、知事は「政治資金規正法」あるいは「収賄」の嫌疑があるのか?

 無利子で5000万円を貸してくれるような人はいるはずがないので、「何らかの便宜供与」が裏に潜んでいるに違いない、と議員も世論も見ているのだろうか。

 それって、この間、検察審査会の審議を経てようやく「無罪」の結論に至った某大物政治家の裁判の内容と同じではないのか。

 政治資金の「記載漏れ」は修正すればOKだし、「便宜」が客観的に証明されない限り収賄にはならない。それ以外は全て「無罪」だ。

 知事は今、「推定無罪」以前の位置に立っているのではないのか?

 それとも、確信をもって「神の声」の存在を明らかにするために、都議会議員達は延々とこの茶番を続けているのだろうか?

 「何の理由も無くお金をくれる人はいない」

 だから

 「貰った限り(本人は借りた、と言ってるんでしょう?)何かそこには不正がある」と。

 

 -----------------------------------

 しかし、この論法には無理がある。

 貸与した側に下心があったことは確実であるが、知事が見返りにどのような供与を考えていたかなど、客観的に証明することは不可能だ。

 確かに「怪しさ」は感じるが。

 この手の不毛な議論のストーリーを既に「検察審査会の存在意義」も含めて私は学習したつもりなので、今回の件は「時間の無駄だ」と思っている。

 都議会議員達は、何を確信して彼を責めているのだろうか?

 客観的に見て、知事に「罪」が存在する、との結論付けは現状では無理筋なのではないか?

 なら、諦めるべきだ。

 時間の無駄。

 議員達も間接的に「恥」を晒している。

 私には、責めている議員達の言動自体がバカバカしく見えてくる。

 

 とは言え、「猪瀬知事」は辞任するしかないだろう。

 すでに彼が、「不適格者」であるとの評価は、世間的には下ってしまっているように感じる。最終判断は、「東京都民」の仕事であるが。

 それよりも、「疑わしくは罰する」と考えるのであれば、我々がもっと神経を尖らせるべき相手は他にいる。

 「都知事の清廉」に拘る事は重要かもしれない。しかし、公人・公僕(Public Servant)の中には、明らかに常識外れの犯罪を犯しているもの、間接的に犯罪に加担しているもの、確信犯的に職務に対し不作為/サボタージュをしたり、自らの立場に利益誘導をしているものがいる。

 

 猥褻行為で懲戒処分を受けた学校の先生は、この1年間で100人を超えるそうだ。

 無理心中の為に民間人を拳銃で撃つ警官がいる。

 「民事不介入」を楯に、ストーカー犯罪を見過ごしている治安維持組織が存在する。さらに言えば、その人達は身内の犯罪にはすこぶる甘い。

 真に国の将来を考えない役人がうじゃうじゃと存在する。

 政治家も同類と言われても仕方ない。

 

 それらを「監視する」といって憚らない報道機関は、新宿の都庁舎で毎日何をしているのであろうか。彼らは公僕ではないが、「権力をチェックする」という高邁な役割を託された社会システムの一部では無かったのか?

 挙げ句の果ては、社会的使命を果たしていないにもかかわらず、自らの業界は「特別な存在であるから軽減税率を適用すべき」と、訳の分からない特権意識を誇示しているありさまだ。

 

 「人を見て泥棒と思え」とは言わない。

 しかし、どこかのコメンテーターのように「大多数のXXXは真面目に働いているんですよね」と、重要視すべき事案を前に能天気なことを言っている人もいる。

 今の日本は、そんな「立派」な国ではない。

 今の時代にあって、根拠も無く社会システムを妄信・蒙昧するのは「愚者」だ。

 これは、性善・性悪を言っているのではない。

 信じることを否定しているのではない。

 思考停止を戒めたいだけだ。

 目を向けるべき「社会悪」はすぐそこに存在する。