オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

夢のかけら

 「今夏、怪獣集結!科学特捜隊は、横浜タカシマヤへ、急行せよ!」

との指令があったので、科学特捜隊員ではないが高島屋ギャラリーに行ってきた。

 ここで「円谷英二、特撮の軌跡展」を開催しているのだ。

 どうやら日本のあちこちを廻っているらしく、横浜には2週間程度しかいない。

 急がねばならない。

 

 展示内容の多くは、ウルトラQからウルトラセブンまでの怪獣やミニチュアセット、特撮説明のディスプレイだった。

 中には、円谷プロのスタッフ達が打ち合わせを行っているシーンを再現した飲み屋や旅館のセットもあった。懐かしい昭和の風景・・・

 円谷プロは、今でも夢の再生産を続けているが、ここで展示されているのは、円谷英二が実質的にかかわりを持った作品群だ。よって、セブンまで。

 ひし美ゆり子さんが語っているが、セブン制作当時は、英二氏は現場に数度顔を見せた程度で、実際の番組制作は彼の育てたスタッフ(通称、円谷組)が行っていたとの事。

 それでも彼らの特撮にかけた情熱は、英二氏のDNAをしっかりと受け継いだものであったようだ。

 

 会場には、当時番組を見ていた子供(今はおっさん)だけでなく、現代の子供とそのママさん達も多くいた。

 ウルトラマンティガやダイナにつながるオリジナルを見て、彼らはどのように感じたのであろうか。小さな女の子が「こわ〜い」と叫んでいたが・・・

 展示してあった怪獣群(着ぐるみ)を思い出して、出来る限り書き出してみる。中には、記憶違いもあるかもしれない。

 

・ゴメス

ペギラ

カネゴン

・ガラモン

・ケムール人

ウルトラマン

バルタン星人

レッドキング

アボラス

・チャンドラー

ピグモン

ドドンゴ

ギャンゴ

ザラブ星人

・ギガス

テレスドン

メフィラス星人

ゼットン

ウルトラセブン

ギエロン星獣

 

 これらとは別に展示されていた特撮グッズ。

・「1/8計画」で使われた8倍サイズのカメラ(桜井浩子さん用)

・国立競技場のミニチュア(相当大きい)

科学特捜隊本部のオペレーションパネル(今見ると相当アナログ)

・ビートル号の操縦席のカット

ウルトラアイと腕時計型通信機(これ、持ってた!)

テレスドンが壊している夜のビル群

 

 さらには、特撮のネタ証しのディスプレイ。そして、当時の台本や絵コンテ。販売されていた書籍・漫画・ソフビ人形、等々

 中には「金城哲夫用」とサインされた脚本もあった。

 

 私はウルトラシリーズのコレクターでもマニアでもない。でも、懐かしくて暫く見入っていた。

 子供だった頃、昭和の時代を思い出した。

 

 少し、夢のかけらを拾ってきた気がする・・・

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする