オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

『だし屋』の噂

 県道43号線の南鍛冶山のそばに「だし屋」というラーメン屋がある。

 豚骨スープをベースに魚介系をだしにミックスした醤油ラーメンが基本メニューなのであるが、私はここの味噌ラーメンも好きで、よく通っていた。

 結構、評判はよろしいようで、「食べログ」等、ネットでもこの店の口コミを見かけることがある。

 先日、久しぶりに顔を出してみたら、オーナーというか大将が代わっていた。

 それまでは、3人の男性が厨房を切り盛りしていたのであるが、ご年配のご夫婦らしき2人が調理をしていた。

 店の名前は変わっていない。「だし屋」のままだ。

 「あれっ」とは思った。少し、嫌な予感も・・・

 

 味は、ほとんど変わっていなかった。

 しかし、ビミョーに違う。

 当たり前だ。いつものおじさんとお兄さんではないのだから。

 メニューも少し変更されている。

 それに、ラーメンにワカメが入っていない・・・

 

 私が知る限り、この店のスタッフはこの10年以上変わらなかった。

 いつも、あの3人だった。

 あの3人、一体どうしたのだろう?

 「・・・」

 私は、チャーシューとラーメンを少し残して店を出た。

 味が悪かった訳では無い。

 しかし、間違いなく失望して私は家に帰ってきた。

 些細な出来事であったが、何なのだろうか。この喪失感・・・

 

 その後、風聞があった。

 いつもの3人と交代したあのご年配の方は、あの店のオーナーだとか。

 なるほど・・・、店名が変わらなかったことも合点がいく。そもそも、あの人のお店なのだから。

 スタッフが変わった理由は分からない。

  

 43号線から善行に抜ける道の途中に、「湘南藤沢地方卸売市場」がある。

 7月、ここにラーメン屋がオープンしたとのこと。

 ここに行くとあのおじさんとお兄さん達に会えるらしい。

 今度、行ってみようと思っている。

 

 この話、あくまでも噂・・・

 

 

 

 

広告を非表示にする