読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

ANIMAXに夢中

 JCOMの新サービスに彼女が飛びついた。

 一番の動機は、ビデオデコーダーの容量が飛躍的にUPすること。

 彼女は、日中の番組を録画しまくり、後で落ち着いて見るスタイル。

 彼女から契約変更の相談はされたが、録画容量が増え毎月の支払い金額が極端に変わらないのであれば、新サービス選択でいいのではないか、と伝えた。

 新サービスは、「Smart J:COM Box with タブレット」というもの。特徴は、2TBの大容量レコーダーと8インチのタブレット(LG製)が付属する事。

 このタブレット、家中の何処でもTVが視聴出来るとの触れ込みであるが、これは”ウソ”である。

 CISCOのケーブルTV受信機兼無線ルーター(2.4G/5G対応)が新たに設置されるのであるが、この無線が届かなければTVは映らない。

 

f:id:azuyuz:20141101180729j:plain

 

 我が家の場合、1Fのリビングにルーターを設置するつもりであったが、それは中止し、結局2Fの私の部屋にルーター、レコーダーを設置することになった。

 因に、タブレットを1Fに持ち込んでみたが、何とか受信出来る程度で日常的にTVを見るには実用的ではなかった。

 彼女の目論みはものの見事に外れ、結果、1Fにある従来のJ:COMビデオは現状維持となり、私の部屋に新たにJ:COM受信機が増えただけのことになった。

 私にとっては、願ったり適ったりであるが、彼女にとっては何のメリットもなく、プンプンである。

 また、これは重要な事であるが、J:COM「Smart J:COM Box with タブレット」という広告には偽りがある。

 この大容量レコーダーは、ブルーレイ/DVDに対応していない。つまり、DVD再生や録画番組のダビングができないのだ。

 これは、彼女にとっては致命的で、それこそ「現状後退」になる。

 パンフレットのどこを見ても、「DVD対応していません」とは書いていない。重要なことなのに。

 設置工事の当日、愕然とする彼女に対し、担当のお兄さんが「説明不足で申し訳ありません」と謝ったぐらいだ。

 このサービス(「Smart J:COM Box with タブレット」)、新たに導入するメリットは「ほとんど無い」。

 

 とは言え、私にとってはメリットがある。

 彼女も設置工事を中止しなかったのは、自分ではなく、私が喜ぶであろうと判断したらしい。設置工事は無料であり、2年間の視聴料は従来とほとんど変わらないからだ。

 どうでも良いタブレットもついてくるし…

 私は今、ANIMAXに夢中だ。

 昔のアニメは面白い。

 それに今月からは、「COWBOY BIBOP」「ルパン3世(PART1)」「攻殻機動隊2nd」「ハイキュー」が始まる。

 「銀魂」もやっている。

 そもそも、民放はあまり見ない。

 ヒストリーCH、ディスカバリーCHとBS1、あと少しのアニメがあれば十分。

 彼女の当ては外れたが、私は今、ANIMAXに夢中だ。

 

 

 

広告を非表示にする