読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

一期一会

 恥ずかしそうに 薄目をあけて 初めて秘密 打ち明ける 14歳

 口紅の色は からたちの花よりも 薄い匂い 15歳

 ねえ 奇麗なまま 生きることは 無理なのかしら 16歳

 あなたの心 横切ったなら 汐の香り まだするでしょうか 17歳

 ありがとうの言葉をかみしめながら 生きてみます 私なりに 18歳

 坊や いったい何を教わってきたの 私やっぱり 帰るわね 19歳

 あなたの … が欲しいのです 燃えている … がすきだから 20歳

 

 何億光年 輝く星にも 寿命があると

 教えてくれたのは あなたでした

 季節ごとに咲く 一輪の花に 無限の命

 知らせてくれたのも あなたでした

 

 約束なしの お別れです

 今度はいつとは言えません

 あなたの燃える手

 あなたの口づけ

 あたなのぬくもり 

 あなたのすべてを

 きっと私 忘れません

 後ろ姿 見ないで下さい

 Thank you for your everything

 さようならのかわりに・・・

 

 この歌を謳ったとき、彼女はまだ21歳だった。

 そして、永遠の別れ。

 あなたのこと 忘れない 

 忘れていない

 そう 一期一会・・・ 

 

 

 

広告を非表示にする