オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

Think Different

 「うわさは、本当だよ。今後、我が社はPOWER PCからINTELプロセッサに移行する。それには大事な理由がある。

 ・・・未来だ」…2005年6月6日、WWDC(世界開発者会議)にて。

 

 「宇宙に衝撃を与えることが僕らの仕事だ」

 

 「一生、砂糖水を売り続ける気かい?それとも世界を変えるチャンスにかけてみないか?」…1983年、ペプシコ社長ジョン・スカリーに対して

 

 「仕事というのは人生のかなり大きな部分を占める。仕事に満足するには、すごい仕事だと信じることをするしかない。それには、自分がすることを大好きになるしか方法はない。まだ見つからないなら、探し続けてほしい。あきらめちゃいけない」

 

 「当社のコンピュータを買う人というのはちょっと変わっていると思う。でも、この世界のクリエイティブな側面を担う人なんだと思う。異常さこそ天賦の才の現れなんだ。そう言う人達のために僕らは製品を作っている」

 

 「どこに行きたいのかは心が知っている」

 

 「僕らはコンピュータの使い方を変えたいんだ。すっごいアイデアをたくさん持っている。僕たちは世界一重要なコンピュータ会社になる。IBMなんか、比べ物にならないくらい重要に」

 

 「とてつもなく素晴らしい旅だった。20世紀の物理学の世界に似ている気がする。何か重要なこと、しかも、あとまで影響が続くもので、様々な人が貢献し、多くの人に与えることが出来るものだった。だから、凄い勢いで拡大した」

 

 「クレージーな人達に乾杯。はみ出し者。反逆者。厄介者。変わり者。彼らをけなすことは出来る。しかし、できないのは恐らくただひとつ…。彼らを無視すること。彼らは世界を変える」

 

 「今日、僕たちは電話を再発明する!」…2007年1月9日、PCワールド誌に掲載

 

 「1000曲をポケットに」

 

 「最先端の電話は『スマートフォン』と呼ばれている。一応ね…」

 「今日は革命的な製品を3つ紹介する。MP3プレーヤー、電話、インターネットコミュニケータ。・・・わからないかい?

  実はひとつになっているんだ」…iPhoneの発表会にて

  

 「だから、スタイラスなんて使うのはもうやめよう。僕らが目をつけたのは世界最高のポインティングデバイスだ。みんなが生まれながら持って生まれてくるヤツだよ」

 

 「洗練を突き詰めると簡潔になる。ダ・ビンチもそういっているじゃないか」

 

 「つなぐ。シューーーン。おしまいだ」…新製品への音楽のダウンロード方法の説明

 

 「トランプ1組の大きさしかない」…2001年10月新製品発表会にて

 

 「4300人余りを要する20億ドル企業が、ジーパン姿の6人とまともに競えないなんて、ちょっと考えられないね」…NEXT訴訟に対するコメント

 

 「みんなこれがほしいのさ。カッコいいからね」

 

 「Stay hungry,Stay foolish」

 

 3月9日、彼らのことを「気にかける必要」があるのかどうかが判明する・・・

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする