読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

2015年統一地方選挙

 4月12日は、統一地方選挙。神奈川選挙区においても県議会議員、市議会議員、知事選挙が一斉に行われる。

 今、駅前は朝から賑やかだ。入れ替わり立ち代わりで候補者たちが朝立をやっている。

 少し煩い気もするが、これは4年に1度のこと。それで良いと思っている。

 候補者の方々には、体調に気をつけて、長くもあり、短くもある選挙戦を無事乗り切ってほしい。

 

 夕食の時、彼女が我が家のBOYに「選挙どうするの?」と聞いた。

 彼は、

「行かない…」との返事。

 私は言った。

「大人になりたかったら行け。昔は金持ちしか選挙権はなかったんだぞ。選挙権があることをありがたいと思って投票しろ」

「候補、誰がいるのかも分からないけど」

「分からないのなら、誰に入れてもいい。しかし、棄権はダメだ。」

「誰でもいいの?」

「誰でもいい。投票して、その候補がダメだったら、次の選挙で別の人に入れればいい。人の善し悪しなんて簡単にわからない。選挙とは、私達一般ピープルにとっては、正解までが長い取り組みなんだよ。だから、こんなこと大人でないと継続出来ない」

「分かった。一緒に行く」

 彼女は言った。

「私は必ずしもそういう考えじゃないけど、我が家はそういう所よ」

 

 と、言う訳で、日曜日は家族で投票所に行くことになった。

 因に、彼女が言うに、娘は彼氏との旅行中で投票は棄権だと。

 

「・・・」

 今、私の脳内は混乱している。