読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

不機嫌ワーゲン

 VWを取り巻く疑惑は、まだ払拭されていない。

 問題は、ディーゼルエンジンの排ガスだけではなく、ガソリンエンジンにまで拡大している。

 先進技術を誇る同社が喪失したブランド価値、信頼は計り知れない。

 ユーザーである私にも不機嫌なトラブルが続いている。

 7〜8月の間、UP!はトランスミッションのトラブルでほぼ1ヵ月間近くディーラーの整備工場にいた。原因は、クラッチ、アクチュエータの障害だ。この2つのアッセンブリは結果として交換したので、ミッションを除いて総取り替えとなった。

 営業に国内・国外に同様の事例はあるのか確認したところ、「どうやら少なからず同類の障害例があるようです」とのこと。

 UP!は初期型なので初期不良としてやむを得ない、と諦めている。

 営業は、3年目の車検(色々な補償が切れる)が迫っているがディーラーとして「トランスミッションのトラブルについては、補償期間後であっても対応する」と言っていた。

 10月に車検を通したが、その後、トランスミッションのトラブルはない。

 ところが、先週、高速道路上(PA内)でパンクに遭った。

 パンクはあまり経験がない。それも、まだ3年しか乗っていないタイヤだ。

 タイヤはブリヂストン製なので、VWの責任とは言えない。しかし、私は不機嫌になった。閉口した。

 「ついていない」

 「やってられない…」

 仕方ないのでパンク対応のため、「VW緊急アシスタンス」に連絡をとった。

 3年車検後で殆どの補償サービスが切れていたので、何をやっても有償と言われた。

 近くにあるVW販売店も営業時間外なので緊急対応は出来ない。レッカーを派遣すると数万円の移動費がかかる。その日どころか、2〜3日、UP!はお蔵入りになる運命だった。

 状況を救ったのは、損保ジャパンのロードサービスだった。

 ICの傍にあるガソリンスタンド(GS)で無事タイヤ交換をすることができた。

 対応可能なGSを探してくれたのは「VW緊急アシスタンス」、無償でレッカー車を出してくれたのが損保ジャパン。

 絶望的な状況であったが、「VW緊急アシスタンス」のスタッフは私の相談に親身に対応してくれた。結果として、無事目的地に到着はできたが、酷い目にあった。

 不機嫌ワーゲンである。

 

 私は正直、トラブルに見舞われた際、UP!を売り払ってしまおうか、と考えた。

 しかし、冷静になった今、もうしばらく乗り続けようと思い直している。

 UP!は今トラブル続きであるが、VWの顧客対応自身は悪くはない。

 VWが何か悪さをした訳でも無い。因に、トラブったクラッチ/アクチュエーターはBOSCH製だ。例のソフトウェアを作った会社。

 悪いことが続くこともある。

 今、私とVWをつないでいるのは、彼らの「顧客対応力」だ。

 

 

 

 

広告を非表示にする