読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

缶チューハイを飲みながら

 私は日頃、Takaraの缶チューハイ(レモン)を飲んでいる。

 以前(数ヶ月前)、近所のとある酒屋にこの缶チューハイを箱買いしに行ったことがある。その際は、たまたま(?)「商品を切らしており店頭に配列したものしかない」と断られた。

 その時は仕方ないので何も買わずに引き返し、その帰りにイトーヨーカドーで6缶を購入し帰宅した。

 それ以降、近所のイトーヨーカドーで6缶ずつちびちびと購入するスタイルになり、その酒屋には当分行っていなかった。

 今朝、年末のお酒をストックするため、久しぶりにその酒屋に行ってみた。

 

ゆず「Takaraの缶チューハイを1箱下さい」

店員さん「少々お待ち下さい。倉庫から出してきますので」

しばらく経って、

店員さん「申し訳ございません。あいにく商品を切らしております。店頭にあるものが全てでございます」

ゆず「・・・」

 

 私はまたしても何も買わずに店を出た。

「この店に来ることは金輪際無いな…」

 この店は在庫管理、サプライチェーンマネジメント(SCM)が全く出来ていない。

 鉛筆を切らしている文房具屋と同じだ。パンの無いパン屋。坊主のいないお寺。看護師はいるが医者のいない病院…etc

 しかし、この年末、書き入れ時に在庫を切らしているとは…

 

 帰り道にやはりイトーヨーカドーに寄ってTakaraの缶チューハイを9缶買った。

 因にこの缶チューハイ(500mℓ)の値段は、酒屋150円、イトーヨーカドー149円である。

 この酒屋に来年は来るであろうが、10年後の未来は無いと思う。

 スーパーに全ての面で劣る酒屋も珍しい。

 年の瀬に珍しい体験をしたものだ。