読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

ネズミの傲慢

「弊社としては、常に『パークの価値に見合った価格』を提示したいと考えております。今回の価格改定も、顧客満足度調査などの指標を踏まえた上で決定いたしました」

 

  今回の入園料値上げに関するオリエンタルランド(OLC)の言い分である。

 7400円…

 TDLにそれだけの価値がある、とOLCは言う。

 「いやなら来るな」と言っているに等しい。「上から」どころか天頂からの目線と言える。

 昨年の入園料値上げの理由の一つはアトラクション増設の資金捻出だった。OLCは、フツーの企業であれば、銀行からの借り入れか、あるいは増資により行われる資金調達を入園料の値上げという、常識では考えられない方法で行った。

 先に値上げをしておき、その果実は数年後に入園者に還元されるという、およそ受益者負担という価値観とは相反するやり方だった。

 TDL内にいかなるアトラクション、夢の遊戯施設を作るのはOLCの勝手であるが、まだ見もしないもののために、先攻して入園者がお金を払う仕掛けというのは如何なものか。

 私は到底腑に落ちない。

 だから、TDLには行かないと決めていた。

 その矢先の今回の再値上げである。

 頭がどーにかしている。

 野村証券の某アナリストは「8500円程度までの値上げであれば入園者減少はない」と何やら根拠レスのことを言っている。

 こんなバカなことがあっていいものか…

 USJの値上げがこの暴挙の手助けをしていることはあるだろう。

 矛盾することを言うようだが、私はUSJなら8500円出しても行ってみたいと思っている。

 それはまだ、2、3度しか行ったことがなく、その欲求があるからだ。

 しかし、ねずみランドは違う。これまで何度行ったか、もう覚えていない。10回目ぐらいまでは覚えているが、その先は不明だ。

 今のTDLに行く価値は私にはない。彼女と娘には未だ価値があるようだが…

 

 今回の値上げによる入園者減少はOLCは想定していないとのこと。

 大した自信である。

 丸1日かけても、ろくにアトラクションに乗れない現状を放置しておきながら、『パークの価値に見合った価格』などと良く言えたもんだ。

 何よりもあの食事のプアさは何なのだ。

 この数年間、パレードだって見たこと無い。あんなもん、とっくに飽きてしまっている。現に我が家の彼女達の主目的は「買い物」だ。ネズミを見ることではない。

 アナ雪、BB-8も見てみたい気はするが、あの傲慢を助けるようであればそれが不愉快だ。

 

 「いやなら来るな」

 分かった。当分行かない。

 世のTDLファンの行動までは予測不能だ。

 しかし、これで入園者の減少を見るようなことがあれば、完全な経営ミスだ。

 考えてもみよ。

 TOYOTAプリウス開発のためにカローラの価格を上げたか?

 「価値に見合う価格」とな…

 とんでもない傲慢である。

 

  

 

広告を非表示にする