読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

苗場という基準 

 たまたま、NHK BS1でFIS W杯アルペンスキーをやっているのを見た。

 近年は、モノスキー、スノーボードも大流行りだが、やはりアルペンスキーは良い、凄い。

 30°を超える斜面のコースを大小のターンを駆使して降りて行く。

 速い者が勝ち。ただそれだけ。

 シンプルであるが、確固たる基本技術の裏付け・積み上げがなくてはあのような速度で斜面を滑降はできない。

 美しさであれば、デモンストレーション・スキーであろうが、スキー本来のより速く滑るという面でスラローム(回転)という競技の醍醐味に勝るものは無い。

 極限状態で板を操るアスリート達には何かが取り憑いているように見える。そして、別の意味で”美しい”。

 一体、全体、どのような訓練を重ねればあのような滑りができるのだろうか…

  

 2月13日、14日、苗場スキー場で大会は行われていた。

 そう、あの「苗場」だ。

 今回の大回転のコースは、ゴンドラで昇った山頂駅からの斜面。

 あの山の上(頂上ではない)からプリンスホテルを見下ろす名物コースだ。

f:id:azuyuz:20160214154951j:plain

 

 ここは相当の急斜面で、いつも昼過ぎにはコブだらけになっていたような気がする。

 アスリート達はこの難コースを凄まじいスピードで滑走していた。世界最高峰の技術をもつプレーヤーが、「苗場」の難コースにアタックしていた。

 今、日本のスキー場でW杯が開催されている。

 とても素晴らしいことだと思う…

 

 スキー人口のピークは、バブル時代の1993年の1860万人だそうな。その後、減少を続け最近では770万人程度とのこと。

 人口は、最盛期の半分以下の規模ではあるが、スキー好きにとって、それはそれで良い面もある。

 ピーク時のスキー場はごった返しており、とてもゆったりと滑るような環境には無かった。

 リフト待ち30分なんて当たり前。

 当時、私は日帰りスキーが多かったが、先輩M氏(AE-86/RX-7のあの人)とは「1日10本」がノルマだった。スキー場のリフト渋滞なんて言語道断である。今ぐらいの方が空いてて良いでないの?

 

 とはいえ、苗場は違った。

 このスキー場はあらゆる面で ”凄い”

 

 まず、そのスキー場としてのその規模。

 フロントのゲレンデがめちゃくちゃ広い(だからスラローム競技が出来る)。

 頂上も高い。そこまで、ほぼ一気に行けるゴンドラが2基も設置されている。

 クワッドリフトが多く、その輸送能力は半端ではない。少し行列はできるが、絶対に長くはならない。キャパシティとトラフィックが断トツに高いのだ。

 苗場は人も多く集まるが、施設の消化能力が圧倒的に高いため「待ち」のストレスを感じさせないのだ。これは、さりげなく駐車場に関しても同様だ。

 とても大切なことであるが、苗場の駐車場は「広い」。

 どんだけ混んでも入場出来ないことは無い。かならず、来場者を迎え入れてくれる。

 東京からのアクセスが良い。

 そして、関越トンネルの手前にある。その割には雪質は悪くはない。

 パウダーを見たいのであれば湯沢まで行くしかない。湯沢や津南と苗場を比べれば、その差は明らかだ。しかし、月夜野ICでOKという気楽さは捨て難い。

 何と言っても、その気になれば「チェーン無し」「ノーマルタイヤ」で行けるのだ。

 ビギナーにとって、圧倒的に敷居が低く、そして ”本格的” なのだ。

 そう、苗場が何と言っても素晴らしいのは

 「ミーハー」OK

 「本格派」OK

 であることだ。

 オシャレでかつ本格的であるということ。

f:id:azuyuz:20160214163306g:plain

 

 私は、スキー場選びの基本は、「苗場」にあると思っている。

 アクセス、ゲレンデ、リスト能力、ゲレンデ内のレストエリア(これ結構大事)、ホテル施設、そしてリフト券の値段を踏まえ、全体のパフォーマンスでスキー場は評価すべきだ。

 苗場のリフト券は、5700円。

 果たして、どれほどのスキー場が ”これ” と競争出来るのだろうか…

 

 幸いにも、日本には素晴らしいスキー場が多くある。

 私のお勧めも紹介させて頂きたい。

 

ニセコひらふ・・・圧倒的なコース

・協和(秋田)・・・町営でこの規模。そしてホスピタリティ

蔵王・・・やはり行っておくべき所

・ハンターマウンテン塩原・・・アクセスの良さ、そしてオシャレ

・宝台樹・・・近い、コースが多彩

・玉原・・・とにかく近い、広い

・天神平・・・一番速くオープン。12月に滑れる

・サンメドウズ清里・・・近い、お手軽、優しい、子供連れ向き

・菅平・・・広大なゲレンデ、ため息がでる

・八方尾根・・・北海道でなくても本場のスキー場はあるという証明

 

 八方尾根は、映画「銀色のシーズン」の舞台になった。場所柄、関西からの来場者も多い人気スポットだ。文句無し。

 苗場基準で見ても、小さなスキー場であっても十分に行く価値のあるものはある。軽井沢は食事やファミリーゲレンデが良くお勧めだ。軽〜く滑りたい人に丁度良い。

 今が…旬だ。

 

 

 

 

広告を非表示にする