読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

DVD/BDコンテンツの将来

 最近、JCOMで番組を見ていて少し嬉しいことがあった。

 「火の鳥:鳳凰編」「デビルマンOVA(誕生編/シレーヌ編)」「魔法少女まどか☆マギカ(全話)」が放映されたのだ。

 上記は、各々以前に見たことがあるのであるが、どうしてももう一度見てみたくなり、DVDを購入しようかと考えていた矢先のことだった。

 私は暇人であるが、かといって、日中昼間からずっとTVを見ている訳にはいかない。少しは仕事もしなくてはならないし、会社らしき所にも行かねばならない。番組表等で事前にあらゆるコンテンツの放映予定が分かっていれば、見逃すこともないのであるが、中々そうもいかない。

 いつ、どのようなコンテンツが放映されるのか、手軽に認識できる方法があればいいのにと日頃から思っている。

 

 どうしても見てみたい番組があれば、それを叶える一番の近道はコンテンツをDVD/BDで購入することだ。しかし、値段が高い。何故か凄く高い。だから、何でかんでも買ってしまう、という訳にはいかない。

 その点、2〜3年待っても構わない、と居直ることができるのであれば、JCOMで放映されるまで待てば良い、ということだ。

 若い人には耐えられないと思うが、私のようなおっさんになると大丈夫だ。待てる。十分に待てる。

 この考え方で、ずーーーーーっと待っているのが「魔法少女まどか☆マギカ:叛逆の物語」だ。

 この話、さすがにおっさん一人で映画館に足は運べなかった。息子に『「マドマギ」見に行かね?』と聞いたら、「おやじ、何それ?」と言われた。

 エヴァンゲリオンに誘ったら「ゴメン、友達と行く」

 おっさんはアニメひとつ見るのも大変なのだ。

 と、言う訳で早く「魔法少女まどか☆マギカ」放映しないかなぁ…、と待ち続けている。

 以前、刑事コロンボのBDを購入した話を書いたが、実は今でも某CHでこの番組は放映されている。つまり、BDを買わなくても全話見ることは可能であるということ。マメにチェックさえすれば。

 これは、STAR TREKについても同様だ。

 で、あれば今後、コレクションにするつもりがなければ、特定の番組見たさにDVD/BDを購入することは無いかもしれない。ひたすら、JCOMでの放映を待ち続ける…

 今、JCOMでの放映を心待ちにしているシリーズは、例えば以下のもの。

 

・「物語」シリーズ

・救急指令ソルブレイン

帰ってきたウルトラマン

サンダーバード

 

 一方、以下の番組については、JCOMでの放映のおかげでDVD/BD購入に至らなかったもの。

 

銀魂

イニシャルD

黒子のバスケ

世界名作劇場小公女セーラ/ロミオの青い空/7つの海のティコ、等)

ガンダムユニコーン

アルスラーン戦記

レ・ミゼラブル

NHK 映像の世紀

・Discovery CHのドキュメンタリーの多くの作品

 

 因に大概の映画については欲求を満足済みだ。

 JCOM最高。

 しかし思うに、今後、誰がDVD/BDをあの値段で購入するのだろうか。

 BDは全て1000円にしないと売れない、と心配している。