読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

軽い気持ち…

news.livedoor.com

 

 上記の事件、容疑者は「スカートはまくったが、おケツは触っていない」と証言しているそうだ。

 うむ。

 寸止めということか。達人だ…

 シチュエーションを少し変えれば「パンツは脱がしたが、指は突っ込んでいない」

 こういう証言もあり得るだろう。

 またこれもある。

 「確かに接触はあったが先っちょだけだ」

 ものは言いようだ。

 

 「私、乙女だから!」

 「うん、何もしないから」

 

  ・・・しばらくの沈黙

 

 「何もしないの?」

 「うん」

 「何も?」

 「いや、しないって言ったじゃん」

 

 「・・・」

 「・・・」

 

 「少しなら、いいよ」

 「何を?」

 「少しなら…」

 「少しなら?」

 「うん…」

 ・・・・

 

 「あ、はん…」

 「えっ」

 「もう少し…」

 「・・・(何をどこまでですか?)」

 「うっ…」

 「・・・(何か不都合でも)」

 「ああ」

 「・・・(あの、大胆におまたを広げていますが本当に乙女ですか?)」

 「うふん…」

 「・・・(あの…)」

 

 

  「ちょっとだけ…」の軽い気持ちの先には深い闇がある気がする。

 

 

広告を非表示にする