読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

鎌倉五山+3

 鎌倉は今、紅葉の季節を迎えている。

 昨年、長谷寺の紅葉見学に行ったのだが時期が早過ぎた。

 この反省を踏まえ、今回は11月下旬に時期を定めて鎌倉の寺巡りをすることになった。

 ターゲットは妻からの進言により「鎌倉5山」とした。友人から建長寺の天井に描かれている龍は見ておいた方が良い、と勧められたことによる。

 そして、せっかく鎌倉の禅寺に行くのであれば、一層の事、5つとも回ってしまえ、ということになったのだ。

 私はそれまで「鎌倉5山」というものを知らなかったが、調べてみると、なるほど、北鎌倉から歩いて回れそうな位置関係にある(浄妙寺は別)。

 北鎌倉駅からの順路は以下の通りとなる。

 

 ○北鎌倉駅円覚寺浄智寺建長寺寿福寺浄妙寺

 

 北鎌倉から鶴岡八幡宮の脇を抜け、小町通りを通って鎌倉駅までは、距離にして2.3Kmほど。思ったよりも近い。ただ真っ直ぐに歩くだけなら1時間はかからない。

 浄妙寺は他の4つの寺よりも離れているので、鎌倉駅からバスを使うことなる(小町通りを経由せず、そのまま八幡宮の前を通り過ぎて徒歩で行くことも可能)。

 このルートは八幡宮の前を経由するので、若干渋滞するが浄妙寺までは2区間と、そう遠い距離(2Km)ではない。混んでも30分はかからない。

 

 私達(私と妻)はこのコースで、五山に「東慶寺」「報国寺」「旧華頂宮邸」を加えることにした。どれも、五山の近辺にあるものだ。

 「旧華頂宮邸」は、今、TVドラマ放映中の「IQ246」で織田裕二さんが住んでいる豪邸のモデルになっているそうだ。

 朝、8時に出発。

 9時前に北鎌倉駅に着いたが、日曜日の紅葉シーズンとあって大層な賑わいだった。

 観光客にジジ・ババが多いのは昔からであるが、若い人やカップル、外国人旅行者も結構いる。さすが、鎌倉、である。

 以下、鎌倉の紅葉を撮ってきたので幾つか紹介しておく。

 

f:id:azuyuz:20161124094311j:plain

f:id:azuyuz:20161124094324j:plain

円覚寺の紅葉

 

f:id:azuyuz:20161124094407j:plain

東慶寺の庭園

 

f:id:azuyuz:20161124094516j:plain

浄智寺

 

f:id:azuyuz:20161124094547j:plain

同じく浄智寺

 

f:id:azuyuz:20161124094638j:plain

お馴染み建長寺

 

f:id:azuyuz:20161124094713j:plain

天井に描かれた龍

 

f:id:azuyuz:20161124094755j:plain

寿福寺

 

f:id:azuyuz:20161124094818j:plain

寿福寺の紅葉

 

f:id:azuyuz:20161124094849j:plain

浄妙寺の紅葉

 

f:id:azuyuz:20161124094911j:plain

喫茶店の庭には枯山水もある

 

f:id:azuyuz:20161124095034j:plain

報国寺にて

 

f:id:azuyuz:20161124095135j:plain

ため息が出るような見事な竹林

 

f:id:azuyuz:20161124095212j:plain

IQ246のお家

 

  鎌倉は道が狭く、駐車場が少ないため、車での観光は不向きと見るのが一般的だ。しかし、今回、グルッと巡回して見て「パーク24」をはじめとする小規模駐車場が相当数あることに気がついた。

 3〜4台規模のものがあちこちにあった。料金はどこも1時間600円と高い。しかし、多くの所は平日に限りMAX料金を設定している。拠点の駐車場を設定した上で、車で機動的に移動するのも良いかもしれない。

 それから、寺のHPを見ると「駐車場が少ないため公共交通を使って下さい」旨のことが書いてあるが、建長寺以外の寺の駐車場は実は空きがあった。

 建長寺八幡宮の駐車場はさすがに満車であったが、他は全くと言っていいほど混んでいない。この繁忙期のシーズンの日曜日であるのに…、だ。

 平日であれば、鎌倉は車でも十分に行けると思う。

 

 鎌倉の佇まいが好きだ。

 京都が古都としてのNO.1であれば、鎌倉は小京都のNO.1であると言える。

 春、梅雨の頃もいいが、今の時期も抜群にいい。

 ようこそ。海と山に面した都へ…

 

 

広告を非表示にする