読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

彼女は26番目・・・

 先日、近所の理容店に行き整髪しがてら世間話をしていたら、先月の台風の冠水のため車がおじゃん(廃車)になったという人の話を聞いた。

 あの日は、確かに凄い雨が降り、あちこちでマンホールの蓋から水が噴き出していた。また、家の前を流れる川(そんなに大きいものではない)の水位がみるみると上がっていくのが分かった。下流の方で、川の水が溢れていないか心配したのであるが、やはり冠水被害にあった方もいらっしゃったのだった。

 その方は、近所に引っ越してきて1年半になるが、何と冠水被害は3度目だ、と言っていた。

 「ゲ〜ッ!」

 でも、命に関わる事にならなかっただけマシか・・・。お気の毒だと思う。その方が言うには、水を避けようと車の移動をしたらしいのであるが、たまたま傍にいた警察官から「駐車違反」をするな、と咎められたそうだ。

 こんな、嵐の日に、それもこんな下町で「駐車違反」もないだろうに・・・。酷い話だ。

 

 今日から明日にかけて、26号さんが来るらしい。今回は、10年に1度しかお会い出来ない程の超大物だそうだ。

 

 家の近所に限らず、大きな被害がでなければ良いのであるが・・・

 

 TVでは、刻一刻と台風情報を流し続けている。また、交通機関の運休も早々に発表されている。

 情報には不足しない。十分な警告が発せられている。

 一部の企業では、早退や自宅待機の処置をとり始めているようだ。

 良い事だと思う。

 大型台風が来ているのに、危険を顧みず、無理してまで会社に行く事もないだろう。

 こんなタイトな環境下でも、仕事や商談をしたい人もいるかもしれないが、少なくとも私はそのような重要人物ではない。

 身の安全を優先させて頂くことにする。

 

 中には「社畜」などと揶揄されながらも、やむを得ず仕事に精励する方もいるかも知れない。それは、それでご苦労だと思う。

 しかし、2年前の災害によって、日本人は、日本企業は、少し「安全」に対しての意識が高まったような気がするのは私だけであろうか・・・

 

 今日、台風に備え、いそいそとする首都圏の喧噪を見て、そう感じた。 

 

P.S.

皆さん、頑張って下さい → http://togetter.com/li/577281