読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

空から日本を見た

 この数ヶ月間、都合で日本のあちこちに行っていた。

 札幌、大阪、広島、高松、博多、等々・・・。

 ざっと、計ってみると、移動距離はトータルで8000Kmを超えていた。

 さすがに、少し疲れた・・・

 あちこちで、友人と飲んだのは楽しい限りであったが、胃と肝臓が悲鳴をあげているようにも感じる。

 博多、高松に行く際は、たまたま窓際の座席が予約出来た。また、天気もほどほど良かったので、空からの眺めを楽しんでいた。

 

f:id:azuyuz:20140221094913j:plain

機内から見た世界遺産

絶景!

 

 先日降った雪は、関東だけではなく、日本中の風景を白色にしたようだ。飛行機から眺めていると、ほぼ全国の山間部に残雪が見られた感触だ。これは、これで美しかった。

 一方で、本当に見入っていたのは、海岸線や湖、内海の景色だ。

 日本は海に囲まれているが、内海や巨大な湖があることも大きな特色だ。

 高松に行った際は、離陸直後に機内から瀬戸内を眺めることが出来たが、それは美しい風景だった。

 今から20年以上も前、初めて四国に行った時は、飛行機ではなく、瀬戸大橋を渡った記憶がある。絶景、だった。

 空からでも、陸からでも、瀬戸内は美しい。

 今回、飛行機からは、地図上では小さいが実際には巨大な、小豆島が見えた。

 

 そう言えば、札幌の途中で見た十和田湖も巨大で、まさしく海のようだった。

 飛行機の高度の差もあるのであろうが、その前に見えた猪苗代湖とは大きさに格段の差があった。

 

f:id:azuyuz:20140221094937j:plain

 ↑

機内から見た世界遺産

この後、火口の真上を通過した

 

 羽田を離陸すると、西日本に向かう場合は東京湾を眼下に大きく旋回する。

 ベイエリア、アクアライン、房総半島が見える。

 そこには沢山の船たちが泳いでいる。

 今回、その中に、護衛艦イージス艦が行くのが見えた。

 

 こうして、上空から数多くの船を見るにつれ、日本が「海洋国」であることを改めて実感する。

 日本列島は美しい・・・

 

 

広告を非表示にする