オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

火の鳥たちが飛翔する時

熱闘を制した火の鳥たち。今日の殊勲は何と言ってもこの2人です。

f:id:azuyuz:20120525221459j:plain

迫田さんです。江畑さんに替わって、大活躍。身長175cm前後しかないのに、キューバのブロックを上から抜いて打っている時もありました。バックアタックも何本も決めてましたね。あれ、どんだけ、ジャンプしてるんだろう、と思う。傍で見ると、本当に空を飛んでいるように見えると思いますよ。

バックアタックはアタックラインの手前から飛んで、ネット際に着地しますから、間違いなく3m以上(!)の幅跳びをやっています。体は地上から1m以上飛んでいる訳だから、およそ3m×3mの面積で軌跡を描いている訳です。これ、木村や栗原だと、身長が185cmくらいあるからもっとすごい面積になります。これは豪快です。古い話ですが、私は元全日本のエース、大古さんの現役時代の試合を見た事があります(サントリーの頃)。それはすごかったですよ。バックアタックも素晴らしいけど、大古さんと同様、オープン攻撃で絶対的な破壊力を持ったスパイクを打つのはこの方ですが、残念ながら今大会には出ていません。やっぱり膝の調子が良くないんでしょうね。使われ方を見ていると、狩野さんもやはり足が完璧な状態ではないような気がします。

f:id:azuyuz:20120525225258j:plain

メグがいなくても勝てる今のjapanは強いですよ。寂しいけどね。沙織さんは、プレースタイルが異なるので、メグのようなスパイクは打たない(打てない)でしょうね。沙織さんは、今でも凄いですが、ラリーになった時、後方から来る離れたトスをブロックを吹っ飛ばして決めてくれるようになれば、完成形ですね。ええ、すみません。贅沢言ってます。でも、それをマスターしてくれるまで私はメグの復帰を心の隅で願い続けています(泣)。

 

バレーボールは、是非とも現地の最前列で観戦して下さい。彼女らの凄さが分かります。あんな大きな人達(失礼!)が信じられないスピードでゲームをしています。ボールの速さは現地で見ないとその凄さは分かりません、竹下さんの奇跡のようなバックパスや、佐野さんの足を折り畳んでコートの床スレスレでレシーブしているミラクルプレイはTVではわかりません。体育館に行こう!

f:id:azuyuz:20120525223358j:plain

2人目のキーマンは新鍋さんですね。この人はサーブが良くって、さらにサーブミスをしない。あのサーブ、TVではわからないですけど、相当取りづらいと思いますよ。竹下さんのサーブも同じですが、フローターサーブをあのスピードでネットすれすれに打ち込まれると、相当腰を落とさないと拾えないんですよ。だから、レシーブした選手が取ったあと腰がグラッとしてるのが、よーく見るとわかります。間接的に相手の攻撃力を減損させてるんです。あと、ブッロクもしっかりつくし、ちゃんと手に当てている(これをしてくれるとラリーに持ち込める)。さらにレシーブもうまい。得点力は高くありませんが、鉄壁の目立たないサポートをやってます。とてもいい仕事でした。

サーブがよくて、さらにミスしないのは中道さんも同じですね。この方、狩野さんと2枚替えでピンチサーバで出てきますが、サーブミスを滅多にしません。ミスがないのはある意味当たり前ですが、この人は毎回サービスエースを狙って打ってる。これでミスらないのが素晴らしい。このサーブをセッターに返すのは至難の技です。よーく見てて下さい。この人のサーブは殆どにおいて、相手の陣形を崩す事に成功していますから。

f:id:azuyuz:20120525225227j:plain

という訳で、チーム一丸となった粘り強い戦いが出来た結果、強敵キューバを下す事ができました。めでたし!あと1つ勝つのは相手が強豪だけに正直難しいですが、彼女らの頑張りを信じて土曜、日曜と応援したいと思います。がんばれ火の鳥達!