オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

AT PIN-HOLE!

 私の名は、デイブ。デイブ・マッカートニー。

 その男は、180cmをゆうに越す背丈をしていた。大きな肩幅、厚い胸板とがっしりとした肢体。彫りの深い顔。鋭い目つき。

 一体、何者だろうか?

 ヘンメリー・ワルサーを手に取ったが、すぐに戻した。

 「他のものを見せてもらおう・・・か」

 「ヘンメリー・ワルサーが気に召さないのですか?スイス製の名銃ですよ!最大射程3500m。貫通力も抜群です。」

 「せめて・・・、銃身長が80cmは欲しい。」

 「一体、標的は何ですか、豹でも撃つ気ですか?」

 「1Km先のフットボールだ。銃も弾丸もそれなりのものが欲しい。」

 「バ、バカな!そんなこと出来る訳がない!30口径の銃で弾を撃てば500m飛ぶうちに2.5m以上も弾丸は沈むんですよ!それだけじゃない、風速4mの横風邪の中で重弾丸を発射すれば100mで2cm、500mでは68cm、1Kmになれば計算上は実に3mの偏差が生じて来る。そ、そんなこと出来る訳が無い!まるで、ピンホールを狙うようなものだ!クレイジーだ!出来る訳が無い!」

 「だから・・・、それだけの銃と弾丸が欲しくてここに来た。あんたのカスタム(改造)の腕、技術を聞いたからこそ、ここを選んだんだ。俺の注文に、Yesか、それともNoか?」

 私は絶句した。

 JFKの暗殺以来、銃の取り締まりが格段に厳しくなり、自由に改造銃を作れなくなった私は止む無く、地下に潜り、細々とカスタムメイドを続けて来た。これまで、客のオーダーであれば何でも作って来た。対戦車砲をカスタムしたことだってある。しかし、このような注文は初めてだ。そんな精工・精緻な銃の注文などこれまで無かった。

 この男、一体何者なんだ?!

 「・・・。ヘンメリー・ワルサーを土台にして作るよりないな・・・。何とかやってみる。3日、時間をくれ」

 「3時間でやってくれ。」

 「さ、3時間!」

 「銃に1万ドル、時間に1万ドル払う。Yesか、Noか?」

 「わ、分かった。すぐに取りかかる。他に聞いておくオーダーはあるか?」

 「銃の口径は30-06、形式はボルトアクション単発、激発装置はエレクトロン・パーカッション。プッシュ・ボタン式にしてくれ。羽根が触れただけで発射できるくらいに軽くセットすること」

 「そりゃ、そうだ。手元で0.5mmぶれても、標的には当たらないからな。」

 「超ロングマグナム弾を使う。薬室は大きくしてくれ。火薬量も多く、弾丸も重い方がいい。鉛とステンレスで包んだものを用意してくれ。弾は1発だけでいい。」

 「し、試射もしないのか?」

 「1発で全てが決まるのだ。2発目を撃つ事はあり得ない・・・。やれるな?」

 「私の全てを賭けて作る!ハンドメーカー、デイブ・マッカートニーの全てを賭けて」

 男は、札束を無造作に机の上に置き、その場を去った。そして、きっちり3時間後、銃を受け取りに現れ、そして街の喧噪の中に消えていった。

 「何者なんだ・・・、あの男」

 

 -----------------------------------

 翌日の朝、私はいつものようにコーヒーを飲みながら新聞を読んでいた。

 私の目は、一面の記事に釘付けになった。

 

 『ハイジャック犯、FBIに射殺される』・・・エル・パソ国際空港で起きたハイジャック事件は、発生から5時間後、FBI特殊班による犯人の射殺と言う形で幕を閉じた。犯人、フリッツ・スタインは、当局に対しキューバへの亡命を求めていたが、FBIの精鋭による超長距離射撃により、ハイジャックしたジェット機のコクピット内で額を打ち抜かれ、即死した。なお、この超長距離射撃を行った隊員の名は明かされていないが、1000mを超える距離であった為、関係者の一部ではオリンピック・ゴールドメダリストのトム・クロスビーではないか、との声も聞かれる・・・』

 

 「あの男だ!あの男に違いない!そうか、そうだったのか。それで、あのようなモノが必要だったのか」

 しかし、1000mの超長距離射撃とは・・・。まさにAT PIN-HOLEだ。

 

 

 私は、デイブ・マッカートニー。

 アメリカで一番のハンドメーカーを自負する男・・・。

 この1件以降、「あの男」は私の得意客となった。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする