オリオン座が沈む窓

azuyuz captain's log〜”ゆず”艦長の航海日誌

待ち合わせの定番

 若い頃、付き合っていたある彼女は、新宿にお勤めしていた。

 誰もが知っている某大手百貨店。

 私が仕事休みである土日に逢うとしても、彼女にとっては仕事のことが多く、当然、新宿で待ち合わせる事になった。

 待ち合わせ場所は、田舎もんの私でも分かるように、「アルタ」にしてくれていた。

 初めてアルタに行った時には、大層たまげた。

 何と、待ち合わせの人で一杯だった(新宿通りまで人が溢れかえっていた)。

 彼女は、それを見越していて、「アルタで待ち合わせだけど、場所は地下1階のホットドックのお店で」と言っていた。

 行ってみると、そこはスカスカ。

 なるほど、皆、アルタを待ち合わせに使っているだけで、アルタに用は無かったようだ。

 そう言えば、渋谷のハチ公前も待ち合わせの定番らしいが、あそこも人で溢れかえっているので、待ち合わせている人を見つける事は大変だと思う。一体、皆、どうしているのだろうか。どうでもいいけど。

 何で、待ち合わせと言うとアルタなのかは分からない。

 ただ、見つけ易いし、どんな田舎もんでも行ける場所だとは思う。

 行き交う人、誰に聞いても知っていて教えてもらえるし。

 今、思うに「流行(はやり)」だったのだろう。若者にとって。

 今時の人達もアルタで待ち合わせるのだろうか。

 

 彼女(今の奥さん)と横浜で待ち合わせる時は、「ジョイナスのインフォメーションのお姉さんの隣り」としていた。

 一見、「?」であるが、地元の人であればOKのはず。

 今では、「そごうの時計の下」のほうがポピュラーだろうか。どうでもいいけど。

 

 ずっと前であるが、大阪にいる姉が「一度、アルタに行ってみたい」と言っていた。

 姉は私と違い、オシャレでトレンドには敏感な人だ(妻がそう証言している)。

 そうか、アルタはTOKYOの象徴だったんだ。

 

 「笑っていいとも!」の創り出したトレンドは偉大だった。どうでもいいけど。

 

 

 

広告を非表示にする